setumei
焙煎後のコーヒー豆は、内部のタンパク質が構造変化を起こします。
そのため、焙煎後の豆にはエージング(aging)、即ち熟成期間が必要です。
ワインやチーズと同様にエージングが済んでいない豆は刺激が強く豆が本来持っているマイルドなうまみが消されてしまいます。コーヒー豆は焙煎後3~4日間は炭酸ガスを放出します。
これがエージングと呼ばれる期間です。従って通常の保管状態での飲み頃は、焙煎後1週間(香り、風味が出やすい)から3週間(コクが出やすい)となります。
当店ではお客様に飲み頃を判断して頂くために、焙煎日をパッケージに表記しております。
また飲み頃になる時期をご指定頂ければ、飲み頃になるように焙煎しお届けします。