setumei
ハゼ音(爆ぜ音)
生豆を焙煎していくと約180℃前後でパチパチとハゼる音がし始めます。(1ハゼ)
これは豆の成分の熱分解と化学反応により、豆の中に炭酸ガスが生成され、その圧力
が高くなることによって豆の組織が微細に破壊されるときに発生する音です。
さらに間を於いて温度が上昇し、205℃前後で再びハゼ音が始まります。(2ハゼ)
温度は通常センターで検知しますが、センターの測温位置や昇温速度等で焙煎度合い
が異なるため、絶対的なものではありません。また、豆の種類・乾燥度によってもハ
ゼる温度は異なります。あくまでも目安ですが、通常ロースター(焙煎人)は、ハゼ音と
香り・色ならびに、豆表面のシワの伸び具合、さらには表面のオイル生成状況等を総合
的に判断し、個々の豆の特性を生かした焙煎の煎り止めを決定します。
ローストの程度
焙煎度は大まかに分けて、浅煎り・中煎り・深煎りの3段階があります。
しかし、微妙な味を表現するには、ややキメが粗い分類になります。そこで、アメリカ
を中心に、8段階を設け、それぞれに焙煎度の名称を表記するようになったのです。
ただし、この基準も厳密に言えば、各国・各社・各店で微妙に異なり、絶対的なもの
ではありません。あくまで基準です。
ニュークロップの場合・・・
ニュークロップとはその年採れた豆のことを言い、一年経過するとパーストクロップ、
それ以上経過したものをオールドクロップと言います。
ニュークロップは水分も多く、色も濃い緑色をしています。
関西ではオールドクロップが多く好まれており、関東ではニュークロップが多く
好まれているようです。ニュークロップの焙煎では、オールドクロップのより、
技術的に難しいですが、そこがロースターの腕の見せ所です。  
ニュークロップの焙煎は、全ての種類で上記焙煎度より、やや深めに煎ります。
ガロでは・・・
コーヒーの本当に美味しいと感じる領域(焙煎度合い)は、ある一定の範囲におさまります。
それぞれの豆の個性を最大限に引き出すよう焙煎度を決めて煎り止めを行っておりますが、 
焙煎度に関わらず、挽き方・淹れ方によっても異なる味になります。逆に同じ美味しい
コーヒーを毎回ご提供できるよう、各豆毎に焙煎・挽き方・淹れ方を調整しております。
焙煎度(ロースト)について ガロでは焙煎度3(ミディアムロースト)から焙煎度8(イタリアン
ロースト)まであります。
数字が大きくなるほど酸味が弱く、苦味が強くなり焙煎の強い香りに変化していき、
カフェインやタンニンなどは少なくなります。